2014年7月30日 12:00

Slyde(スライド)がポーカースターズLIVEマカオのオフィシャルスポンサーに決定

スイスの高級時計メーカーのSlyde(スライド)社が、今回のAPPTシーズンからポーカースターズLIVEマカオのオフィシャルスポンサーに決まりました。Slyde社がデザインした高級腕時計を8月のマカオポーカーカップ・レッドドラゴンと2014アジアチャンピオンシップオブポーカーのメインイベントの優勝者に贈られる事になりました。


そのふたつのトーナメントの優勝者には、スライド社製チタン素材の高級腕時計(約85万円相当)が贈られます。腕時計の詳細についてはオンラインのサイトをご確認下さい。この腕時計はマカオで勝利したプレーヤーを祝うに相応しい価値のある記念品となります。

selbst_wins_pca10_hr3w-thumb-450x300-181152.jpg

SlydeはEPTとPCAのオフィシャルスポンサーでもあります

ポーカースターズLIVEマカオのスポンサーになる事と同時に、スライド社は2014ポーカースターズ・カルビアンアドベンチャーとヨーロピアンポーカーツアーのオフィシャルスポンサーとなります。

スライド社の時計は、スイスの伝統的な時計製造の歴史と高品質を受け継ぐと共に従来の技巧にモダン的なデザインと近代的なテクノロジーを融合させ、時計製造業に革命を起こしました。革新的なサファイヤクリスタルのディスプレイを装備したタッチスクリーン式のインターフェイスは、ユーザーに無限の選択肢を与え、自分に合った時計にカスタムが可能になります。

APPTの社長Danny Macdonaghは、言いました。「ポーカースターズLIVEマカオはスライド社が私達のイベントに参加することを歓迎します。メインイベントの優勝者が革新的なデザインでアートとも受け取れるこの高級腕時計を腕に着けるチャンスがある事に興奮します。」

スライド社のクリエーターJorg Hysekは、パートナーになる事は喜ばしいことと言っていました。「私たちは、ポーカースターズLIVEマカオと一緒に働ける事に感謝しています。スライド社の価値は創造性、革新、そして品質です。我が社と同じような目標を持つポーカースターズLIVEマカオと一緒に歩んで行ける事に感謝します。そして、私達の腕時計を優勝者に贈呈しポーカーテーブルでの活躍を祝福できる事を楽しみにしています。」

ポーカースターズLIVEマカオの詳細とトーナメントの情報はPokerStars LIVEの公式HPをご覧ください。

スライド社の詳細についてはスライド社の公式HPでご確認ください。

2014年7月28日 16:09

Naoya "nkeyno" Kiharaプロブログ:サンデーミリオン

先週の日曜日、ポーカースターズで毎週行われている最大のトーナメント、サンデーミリオンで2位に入りました!
サンデーミリオンは、毎週の参加者は7000人前後。ちょうどWSOPのメインイベントと同じくらいの人数です。
バイインが215ドルで毎週あることから、縮小版WSOPという印象もあります。
このトーナメントのファイナルテーブルは、一週間に渡ってリプレイも放映されます。
サンデーミリオンで優勝することは、オンラインプレーヤーにとって、最大の名誉の一つなのです。

自分は日本にいるときは毎週欠かさずこれに参加してます。
これまでにも二桁順位まで生き残ったことは3回ほどありますが、いずれも50位以下で終了してしまってました。

先週の日曜日、それ以外のトーナメントで全く入賞できなかったのですが、これとサンデーセカンドチャンスというトーナメントで長く生き残ってました。
途中の段階で、サンデーミリオンは6703人参加で48人残り、チップ量はアベレージが139万点のところ、自分が69万点、ちょうど半分位のショートスタックながら、ついに50位以内に突入。
そのころ、セカンドチャンスは1211人参加で20人残り、アベレージの30万点より少し多めのチップを持ってました。

サンデーミリオンは、ここで

このハンドでダブルアップ直前からリバーでAを引かれ、なんと2、5bbまで減らしてしまいます。
しかし、チップ&チェアとは良く言ったもので、立て続けにJJ>QQ,55>A9s、TT>AQ,TT>AJで一気に先ほどのスタックどころか、アベレージまで増えるのです。
サンデーミリオンでここまでディープに残ることは滅多にあることではありません。
なので、多くのプレーヤーは、チップを減らさないようにしようと、極端にタイトにプレーするようになります。
そこで、自分はそれまでよりスチールを2倍以上に増やし、少しずつチップを増やして行きます。
ショートスタックはいいハンドを待ってオールインをして来るのですが、その時に限ってこちらにペアやAQなどが入り、コールしてフリップを勝つという展開が続き、残り17人の時にアベレージの2倍、730万点で全体の2位につけます!

そのころ、サンデーセカンドチャンスでは、15人残りで63万点まで増やし、全体の2位になっていました。
チームポーカースターズのプレーヤーであり、WSOPメインイベント優勝者、さらに今年二つ目のブレスレットを獲得したジョーキャダとこのハンドでぶつかります。

ショートスタック相手にメインポットは失ったものの、このハンドでジョーを飛ばし、残り14人のチップリーダーに!
そのスタックを維持したまま、僅差のチップリで残り10人のファイナルバブルに進んだのです。

そのころ、サンデーミリオンでは

このハンドを勝って、ついにチップリーダーに!

さらに、このハンドで一気に2人飛ばして、残り12人でアベレージの3倍以上を持つ、ダントツのチップリーダーになったのです!

しかし、いいことがあれば悪いこともあるのです。

残り10人でチップリーダーだったセカンドチャンスは、55<AJでアベレージ持ちに戻ってしまい、その後A2でリスチールオールインをしたところ、JJにコールされて負けてしまい、なんと10位でいきなり終了してしまったのです・・・

これで残るはサンデーミリオンだけ。
もちろん堅実に打てば、アベレージ以上を確保したままファイナルテーブルに進めるでしょう。
しかし、みんなサンデーミリオンのファイナルテーブルに入りたいと強く願っているのです。
ちょうど、WSOPでノーベンバー9に残りたいと思っているように。
たとえチップを減らしてしまう可能性があったとしても、ここはギアをマックスにあげる状況ですし、この状況はチップリーダーにとってはとてもおいしい稼ぎ時なのです。
なので、後一人でファイナルという状況から30分以上も誰も飛ばないと言うことは良くあります。
しかし、ショートスタックが3人一気に飛んで、ファイナルテーブルは突然やってきました。

ファイナルテーブルに入ると、賞金の上昇は大きいものの、9人プレーに戻るので、誰かにいい手が入っている可能性が高くなります。
無理にスチールに行こうとすると、ショートスタックのオールインの餌食になってしまうので、一旦ギアを戻してスチールを減らします。
一方、スタックがアベレージ程度の人のレイズに対しては、積極的にプレッシャーをかけます。
ファイナルでは賞金の上昇が激しいのですが、中くらいのスタックを持っている人は、ショートスタックが飛ぶのを待ってからリスクを取りたいものです。
なので、ショートスタック相手には素直にプレーし、中くらいのスタックのプレーヤーをめがけてリレイズを多用して行きます。

Naoya Kihara_Event 65_Day 1A_2014 WSOP_Giron_8JG4807-thumb-450x300-232327.jpg

ファイナルテーブルはリプレイや、ハイライト動画があるので、具体的なハンドについてはそちらを見ていただくとして、20ミリオン強を維持したままプレーが進行していきます。
そこで、A6s>AQというハンドでリバーで6を引くと言う幸運もあり、残り3人の時点で4300万点持ち。残りの二人は1900万点、500万点と、圧倒的な差をつけることができたのです。
このとき、タイトル獲得を強く意識したのは言うまでもありません。
しかし、残り3人になった最初のハンドで、55<AKで500万点の人をダブルアップされ、まさにその次のハンドで88<A7sで1900万点の人をダブルアップされてしまったのです。

その後は粘り強く戦ったと思いますが、ハンドが全くかみ合わず、かろうじて2位になったものの、最後は破れてしまいました。

プレー中、多くの人が応援してくれました。
また終了後も、多くの人からお祝いのコメントを頂きました。
このような大舞台で多くの方に応援されながらプレーするのはポーカープレーヤーにとって至福の喜びです。
応援、お祝いしていただいた皆様には感謝でいっぱいです。
これからも、こういう機会にたくさん巡り合えるように頑張りたいと思いますので、どうぞこれからもよろしくお願いします。

naoyo-kihara.jpgポーカースターズチームオンラインプロ
'nkeyno'木原直哉

2014年7月27日 14:57

サンデーミリオン: DeLLiNhoIBがチームオンラインプロのNaoya "nkeyno" Kiharaを破って優勝。

2014年7月20日by Martin Harris

今週のサンデーミリオンは、通常よりも多い6703人の参加者で行われました。先週の同大会より1000人以上も上回ったのです。11時間以上の戦いの末、チームオンラインプロのメンバーであるNaoya "nkeyno" Kiharaがこの人気の高いサンデーミリオンを優勝するかと言うところでした。

しかし、残念な事にKiharaはこのトーナメントを優勝したギリシャ出身のDeLLiNhoIBに最後の最後で破れ、準優勝に終りました。

参加人数が990人まで減ったところで入賞が決まり、その後、人数が200人まで減った時点でチームオンラインプロとスターズプロのプレーヤーは4人ほど残っていました。
チームポーカースターズプロのAndre "aakkari" Akkariが187位で終了し、残るは3人のチームオンラインプロとなりました。

Marc-Andre "FrenchDawg" Ladouceurは残っているオンラインプロのひとりでしたが、チップスタックが12BBまで減った時に、A♥J♣でオールインして、mattwut1が持っていたA♣K♠にコールされ、ボードに助けられることなく143位で終了しました。

その後、Alex "Kanu7" Millarが87位で終了しました。
Millerのラストハンドは、残り10BBの時にA♥9♠で3ベットオールインしてnherregoのA♠J♥にコールされました。ボードがT♥5♥Q♠4♥K♠と出て、彼のサンデーミリオンは終了しました。 

そして、残るスターズのプロはNaoya "nkeyno" Kihara'sただひとりとなりました。彼の名前の左にある赤いスターズのロゴを背負って戦う事になります。長い間、ショートスタックで戦っていましたが、少しずつチップを取り続け、残り2テーブルで18人になった時点でDeLLiNhoIBに次ぐ2位のチップスタックを確保していました。

6人が飛んで残りは13人となりました。Kiharaはその後もチップを取り続けてその他との差は広がる一方でした。そして、Bizzle's up (12位)、Lena900 (11位)、とpantri (10位)が飛んで、ファイナルテーブルの9人が確定しました。Kiharaはチップリーダで1,800万程のチップを持っています。

2014.07.20-sundaymillion-finaltable-thumb-450x300-233377.jpg

シート 1: Shippotamus (オランダ) -- 9,197,043点
シート 2: DJ Ingvar (ノルウェー) -- 6,759,324点
シート 3: DeLLiNhoIB (ギリシャ) -- 9,620,843点
シート 4: likely2cash (ニュージーランド) -- 4,723,333点
シート 5: hartwood777 (ロシア) -- 10,367,549点
シート 6: Hetflush (スイス) -- 3,231,179 点
シート 7: チームオンラインプロ Naoya "nkeyno" Kihara (日本) -- 18,164,159点
シート 8: Buffett1986 (オーストラリア) -- 1,990,816点
シート 9: vladxxxro (ルーマニア) -- 2,975,754点

Kiharaが「ハーイ!皆さんグッドラック!」と書き込んだ後、ショートスタックのBuffett1986が「僕には優しくしてね、nkeyno」と答え、ファイナルテーブルがスタートしました。しかし、スタートしてから4ハンドでBuffett1986は飛んでしまいました。

ブラインドは10万/20万、Buffett1986がレイズオールインでスタックの1,930,816点を中央に入れました。その後に、vladxxxroが更にリレイズオールインをしてBuffett1986のチップの2倍以上を放り込み、その他のプレーヤーはフォールドしました。Buffett1986はJ♠J♥を持っていて、vladxxxro はA♦K♦持っていました。ボードに3♣A♣6♠8♥Q♣と出て、vladxxxro'sのペアAが勝利し、Buffett1986は9位で終了しました。

少しゲームが進行して、ブラインドが12.5万/25万に上がった時にShippotamusがアーリーポジションからレイズ500,000点、hartwood777がボタンから1,250,000点にリレイズしました。両方のボタンが降りた後、Shippotamusは全てのチップを入れ、hartwood777がコールしました。

ShippotamusはA♥K♣を持っていましたが、残念な事にhartwood777はA♣A♦を持っていました。ボードにJ♠3♦K♥5♣2♦と出て、hartwood777のAポケットが勝利し、Shippotamusは8位で終了しました。

その直後にNaoya "nkeyno" Kiharaがアーリーポジションから625,000点にレイズし、左隣のvladxxxroが4,141,570点のオールイン。その他のプレーヤーが降りた後、Kiharaがコールしてヘッズアップになりました。Kihara は A♦Q♥ を見せ、vladxxxro's はT♦T♠を持っていました。

フロップがJ♥Q♠8♦と出て、KiharaはQのペアを作ります、ターンが6♦、リバーが2♦と出てvladxxxroは7位で終了しました。

ブラインドは更に上がり、15万/30万となりました。likely2cashがアーリーポジションから600,000点にレイズし、左隣のhartwood777がコールしました。フロップに8♣7♣5♦と出て、likely2cashがチェック、hartwood777がベット900,000点、likely2cashがチェックレイズでオールインとなる4,728,333点を入れ、hartwood777がコールしました。

likely2cashは5♣2♣持って入れ、ペア5とクラブのフラッシュドローが付いています、hartwood777はA♥7♥で7のペアです。ターンとリーバーにT♥と6♥が出てlikely2cashは6位の賞金を得る事になりました。

そして残り5人の戦いとなった時、大きなポットとなる勝負がKiharaとhartwood777の間で起こりました。その勝負はhartwood777が3BBのレイズとなる900,000点をボタンから入れ、Kiharaがビックブラインドからリレイズオールイン、hartwood777が11,815,348を残す形でコールしました。ポットには2,510万点のチップがあります。

hartwood777はA♠Q♣を持っていて、KiharaのA♣6♣よりも有利な状況です。フロップが9♣T♥5♥とターンの3♥が出た時点でもhartwood777の有利な状況は変わりません、しかしリーバーに6♥が出てKiharaが6のペアを作りhartwood777を破りました。hartwood777は5位で終了しました。

Kiharaの快進撃は続き、チームオンラインのメンバーは次の勝負を行いました。DeLLiNhoIBがアンダーザガン(UTG)から2BBの600,000点にレイズ、Kiharaがスモールブラインドから1,650,000点にリレイズ、ビックブラインドのDJ Ingvarがコールして、DeLLiNhoIBはフォールドしました。

フロップにJ♠A♣K♣と出て、nkeynoが1,500,000点にベットしDJ Ingvarがコール。ターンにT♠が出てKiharaが2,700,000点のベットしDJ Ingvarがまたコールしました。
リバーは4♣.。今回はKiharaがオールイン、DJ Ingvar calledが4,912,148点残す形でコール。DJ IngvarはK♠K♦でKのセット、しかしKiharaでブロードウェイと呼ばれるストレートを完成させていました。そして残り3人の戦いとなりました。

今の大きな勝負に勝利したKiharaは4,360万点のチップを持っていて、DeLLiNhoIBは1,830万点、そしてHetflush.はわずか500万点のチップスタックです。

2014.07.20-sundaymillion-kihara-thumb-450x300-233380.jpg

チームオンラインNaoya Kihara

しかし、2ハンド連続で対戦相手はKiharaからチップを奪い、ダブルアップしました。チップリーダーはDeLLiNhoIBに移りました。

最初のハンドはHetflushがA♣K♦でKiharaの5♥5♦とのフリップ勝負を制し、次にDeLLiNhoIBのA♠7♠がKihara'の8♦8♠とオールイン勝負になり、ボードに4♠T♠7♥8♣2♠と出て、DeLLiNhoIBはフラッシュを完成させて3,600万点のポットを獲得しました。

三つ巴の戦いはトーナメントがスタートしてかから11時間が経過し後も続き、DeLLiNhoIBが4,000万点にチップを増やして引き続きチップリーダに君臨し、残りの二人はショートスタックになっていました。

ブラインドは25万/50万となった時、Hetflushがボタンから6,129,502点をオールインし、DeLLiNhoIBがコールしました。HetflushはA♦4♠、DeLLiNhoIBはK♦J♥を持っています。フロップに9♣8♠K♥と出てDeLLiNhoIBが有利になりました、ターンはT♣、リバーは3♦が出て事によりHetflushが負け、ヘッズアップになりました。

ヘッズアップが始まった時点でDeLLiNhoIBは58,739,004点でKiharaの8,290,996点を大きくリードして楽に勝負を進められる状況でした。
5ハンドを消化した後、両者のチップ量はほぼ同じ位になりましたが、すぐ最後の勝負となりました。

DeLLiNhoIBが100万点のミニマムレイズをし、Kiharaが8,903,996点のリレイズオールインをし、DeLLiNhoIBがコールしました。
両者のハンドは
nkeyno: K♣8♠
DeLLiNhoIB: T♥T♣
Kiharaはキングをヒットさせるか8のトリップス等を作る必要があります。そして、フロップに3♣4♠8♣が出て、まずペア8を作る良いボードとなりました。ターンは2♥、そしてリバーはA♦でKiharaは惜しくも2位で終了しました。

おめでとう、DeLLiNhoIB。6700人以上のプレーヤーが参加した今週のサンデーミリオンのチャンピオンになり、優勝賞金を獲得しました。そして準優勝のチームオンラインプロのKiharaにも賞賛を送りたいです。彼の結果は彼がツイッターで呟いた事により拡散され、多くのプレーヤーがその結果を知る事ができました.

Martin Harris is Freelance Contributor to the PokerStars Blog.

2014年7月26日 14:00

MPC21:もうすぐ始まります

2014年7月18日by Fred Leung

最近の人気を見ると、少し前のマカオポーカーカップ(MPC)は3日間のみのイベントで、レッドドラゴンのメインイベントの参加者はわずか30数名だった事が想像できません。しかし、それは2008年にレッドドラゴンがスタートした頃の本当の話です。

今年の1月、記念すべき第20回目のMRCが12日間のシリーズで行なわれ、3,443人のプレーヤーと賞金総額HKD $21,443,285 (~USD $2.8m)を記録しました。
995人のプレーヤーが参加費HKD$11,000を支払い、レッドドラゴンに参加しました。その他にも新しくHKD $6,000のベイビードラゴンと50Kのハイローラーイベントも開催されました。

8月1日にMPC21が始まりますが、始まる前に前回までの大会とは異なる今回のイベントの特徴を紹介します。

Red Dragon trophies.jpg

過去最長の大会期間
17日間の長期に及ぶ大会スケジュール。詳細はPokerStars LIVEの公式HPをご覧ください。
大会期間が増える事はポーカーで稼げるチャンスが増えることと、時間の無いプレーヤーが週末のみ参加する日数が増える両方のメリットがあります。

SLYDE
MPCのメインイベントを優勝する事はレッドドラゴンの形をしたトロフィーを持ち帰る事、賞金HKD $2 millionを勝ち取る事、そして2014 ACOPのパッケージを得る事です。パッケージにはメインイベント(参加費HKD $100,000)の参加権とホテルが含まれています
しかし、それではまるで十分ではなかったかのように、スイスの高級時計ブランドのSlydeが、今年の残り期間中、PokerStars LIVEマカオのオフィシャルスポンサーになることが決まりました。つまり、優勝者にはSlyde社がデザインしたチタン素材の高級腕時計(約85万円相当)が贈られる事になります。

ハイローラー
高額バイインの金額がマカオでは年々増えてきていて、今回のイベントの参加費はHKD $80,000、そして1回のみリエントリーする事ができます。
PokerStars LIVEマカオの関係者は、全てのプレーヤーが参加できるように2ステージのサテライトイベントを用意しており、イベントにはHKD $2,400の参加費から参加できます。
今回のイベントの賞金額が前回のハイローラーイベントの賞金HKD $2,872,170を抜くことは間違いなさそうです。

以前の大会から変更なし
長い大会期間に高級時計会社のスポンサー、そして高額のハイローラーイベントが加わりましたが、マカオポーカーカップは以前と変わらず魅力のある大会です。

MPC21の核となる部分は以前の大会と同じで、全てのプレーヤーに楽しんでもらえるトーナメントを開催する事です。ほとんどのトーナメントの参加費はHKD $2,000 から HKD $20,000の間に設定されており、全てのプレーヤーが自分に合ったトーナメントに参加できます。

2KディープスタックNLHと6Kベイビードラゴンが最初の週に開催され、保証賞金額は
HKD $200,000とHKD $1,000,000に設定されています。

2014年7月25日 21:46

今日からツイッターでも日本語でPokerStars!

今週、新しいPokerStarsジャパンのFacebookページを紹介しました。

しかし、リアルタイムでの情報発信・受信と言えばやはりツイッターです。

PokerStarsジャパンの公式ツイッターアカウントができました!

他のSNSとは少し違う趣で、キャンペーン情報や更新のお知らせだけではなく、世界中のイベントからライブでプロと日本選手の様子をツイートしたり、プロへの質問募集、フォロアー専用のプロモーションなども企画しています。新しいコンテンツが盛りだくさんです。他のどこからも手に入らない情報もお届けします!

こちらでは、プロに聞きたいことを募集したり、世界のポーカーニュースをリンクやリツイートでお届けしたり、皆様と会話をしながらいろいろと楽しむことができます。

興味がある方は、早めのフォローをお願いします(^^

2014年7月24日 23:03

nkeynoに聞いてみました!

今週、PokerStarsジャパン公式Facebookページをスタートした記念に、日本人初めてのWSOPブレスレット獲得者で先日のSunday Millionsも準優勝した、世界で活躍中のチームオンラインNaoya "nkeyno" Kiharaプロに、協力して頂きました!

まずは、ポーカープロについていろいろ語って頂きましたのでご紹介します。
今後、プロへの質問を募集する予定です。詳細はこちらのブログに記載します★定期的にチェックしてください。

Thumbnail image for pok_e_kihara_sy_400.jpg

PokerStars Blog: プロになってから変わったことを教えてください。
Kiharaプロ: アメリカでは感じませんが(スポンサープロなんてごろごろいるので)、マカオだとプロ相手にブラフかましてやりたいという意識の人と、強いと分かりきっている人とは極力戦わないでおこうという人がいる気がします。
相手がどういう考え方を持っているのかを、序盤のうちに知っておきたいと思ってプレーしてます。
意識という点では、特に変わらないです。
もともとポーカーで生活してましたし、スポンサーされていようとされていまいと、やることは一緒ですので。


PSB: ポーカープレイヤーまたはプロとしての目標を教えてください。
Kプロ: タイトルの数を増やしていく。
WSOPを優勝したことがある人は、この10年だけでも600人います。
でも、WPTとの2冠や、WSOPを複数勝っている人は一気に二けた前半の人数しかいないはず。
まずはその仲間入りをしたい。
上位二桁に入ったら、次は上位一桁。タイトル数が二桁を目指したいです。

naoya_kihara_2014_aussie_millions.jpg

PSB: 自分が憧れるプレイヤーまたはプレイスタイルは何ですか?
Kプロ: プレーにあこがれるプレーヤーというのはいなくなりましたね。対戦したことがない有名プロはかなり少なくなりましたし、少なくても彼らは倒さないといけない相手です。
ただ、ダニエルネグラーノ(Daniel Negreanu)は、ポーカーのあらゆることに対して、すごく紳士的に向き合っているし、発言も的確で素晴らしいと思います。そういう存在になりたいと思います。


PSB: 最後に、Kiharaプロから日本のポーカーコミュニティーに知ってほしいことを教えてください。
KP: もっと世界に目を向けてほしいと思います。
いきなりラスベガスはハードルが高いと感じるのなら、最初は良く知っている人に同行してマカオに行くというのはとても良いと思います。
そして、マカオに行き慣れてきたら、ラスベガスにも来てほしいと思います。
それから、今の世界の真のトッププレーヤーはダニエルとフィルアイビーを除いて、ハイステークスポーカーの常連たちではないということを知ってほしいです。野球でたとえるなら、日本人で一番すごいバッターは?と聞かれて、清原や金本と答えたり、サッカーでたとえるなら、中田と答えるようなものです。
真のトッププロの一人、Randy 'nanonoko' Lewは、ACOPには毎年来てますし、ElkYも来ます。


Kiharaプロありがとうございました!これからもインタビューや記事などもお願いしたいと思います。楽しみにしていてください。

ちなみに、次回のマカオのイベントは8月1日~17日のマカオポーカーカップになります!まだ間に合いますので、オンラインサテライトや現地サテライトでも挑戦してみましょう。

2014年7月23日 22:26

PokerStarsジャパン公式Facebookページ公開!

本日PokerStarsジャパンの公式Facebookページを公開致しました。

facebookpage.png

今後はブログの他に、スキルゲームであるポーカーの必勝法、海外のライブイベントの情報や結果、PokerStars.netのプロモーションやイベント、ポーカークイズなど、充実したコンテンツをFacebookでお知らせします。

ぜひ、「いいね!」を押して最新情報をゲットしてください!

2014年7月21日 22:08

Kiharaプロがサンデーミリオンを準優勝!

最も有名なオンラインポーカートーナメントと言えばSunday Millionsになります。世界中から数千人のプロとアマチュアが参加していますが、いくらプロだと言ってもこの大人数の中でファイナルまで残ることはとても困難です。

今週、日本代表としてWSOPブレスレットを獲ったNaoya "nkeyno" Kiharaプロが、初めてそのサンデーミリオンのファイナルまで残りました。

そして、準優勝しました。

kihara-warmup.jpg

Naoya Kiharaプロ

KiharaプロのTwitterによると、「最後負けてしまったのはすごく残念です。サンデーミリオンのタイトルは格別ですから、是非欲しかった。」とツイートしていました。それでも、この大会では素晴らしい結果を残せて満足しています。とのことでした。

Kiharaは日本人初のポーカースターズチームオンラインプロであり、ブレスレットを獲ってからも世界中で活躍しています。こちらのブログで、これからの活動も応援し続けますので、更新を楽しみに待っていてください。

2014年7月18日 08:49

JOPTグランドファイナル結果

2014年7月12~13日に銀座のザ・バグースプレイスで、ジャパンオープンポーカーツアー(JOPT)のグランドファイナルが行われました。

過去最高のプレイヤー数である165人が参加し、デー2には58人が通過しました。デー1とデー2の途中で終了した人は、メガスタックのサイドイベントに参加することができました。

ファイナルテーブルに残った全員が入賞し、上位6名が8月にマカオ・City of Dreamsで行われるマカオポーカーカップ(MPC)の指定されたイベントに、日本代表選手として参加することができます。

yamazen-310x205.jpg

優勝のyamazen

JOPTグランドファイナル結果
1位 yamazen
2位 TAKKUN
3位 ozawakohtarou
4位 ふうせんさん
5位 奥林さん
6位 けいじゅさん
7位 グッチさん
8位 ansan727さん
9位 ひどいのさん
10位 JPZさん

jopt-final-image-14-07.jpg

メガスタック結果
1位 koolさん
2位 doriさん
3位 ゆあさん

2014年7月16日 10:15

マカオポーカーカップ21

初めてマカオでポーカー大会が開催されたのは7年前に遡ります。当時、マカオではほとんどの人がポーカーを聞いたこともなく、多くの参加者は海外から来ていました。

しかし、初めてのポーカースターズライブポーカールーム設立とともに、ポーカーの人気は徐々に拡大しています。今では、PokerStars LIVE at the City of Dreamsで行われる各イベントは、トーナメントの参加人数や賞金など常にその記録を更新しています。

来月、第21回マカオポーカーカップ(MPC)を開催します。

Red-Dragon-trophy-top-10-thumb-300x345-215747.jpg

今までは、メインイベントであるレッドドラゴンのファイナルテーブルは最終日に行われていました。今回は、スケジュールが新しくなります。8月1日~17日のシリーズでは、メインイベントは8日~13日にかけて行われます。残りの4日間では、ハイローラーとサイドイベントがあり、最後まで盛り上がります。

アジアプレイヤーオブザイヤー(APOY)対象14トーナメントでは、今年最大のイベント11月のACOPまでのポイントをためる大チャンスです!

詳細はPokerStars LIVEの公式HPをご覧ください。

MPC 21スケジュール
8月1日(金)
20:00 1 $2,000 ディープスタック NLH ($200,000 保証額) [2日間イベント] $2,000

8月2日(土)
15:10 イベント1 $2,000 ディープスタック NLH - デー 2
18:00 イベント2 BABY DRAGON ($1,000,000 保証額) [2日間イベント] $6,000

8月3日(日)
15:00 イベント2 BABY DRAGON - デー 2
16:00 イベント3 $2,500 KO バウンティー ($500 バウンティー) $2,500

8月4日(月)
19:00 イベント4 $2,000 ディープスタック PLO $2,000

8月5日(火)
19:00 イベント5 $1,500 NLH $1,500

8月6日(水)
19:00 イベント6 $4,000 NLH 6-max [2日間イベント] $4,000

8月7日(木)
15:00 イベント6 $4,000 NLH 6-max - デー 2

8月8日(金)
19:00 イベント7 RED DRAGON ($5,000,000 保証額) - デー 1A $11,000

8月9日(土)
15:00 イベント7 RED DRAGON ($5,000,000 保証額) - デー 1B $11,000
21:00 イベント8 $3,000 NLH ターボ $3,000

8月10日(日)
15:00 イベント7 RED DRAGON ($5,000,000 保証額) - デー 1C $11,000
21:00 イベント9 $1,500 NLH ターボ $1,500

8月11日(月)
16:00 イベント7 RED DRAGON - デー 2
20:00 イベント10 $3,000 NLH (2日間イベント) $3,000

8月12日(火)
16:00 イベント7 RED DRAGON - デー 3
16:30 イベント10 $3,000 NLH - デー 2

8月13日(水)
14:00 イベント7 RED DRAGON - ファイナルテーブル

8月14日(木)
19:00 イベント11 ハイローラー (1 リエントリー) [2日間イベント] $80,000

8月15日(金)
19:00 イベント12 $5,000 KO バウンティー [2日間イベント] ($1,000 バウンティー) $5,000

8月16日(土)
17:00 イベント13 $20,000 NLH [2日間イベント] $20,000

8月17日(日)
15:00 イベント14 $2,500 ディープスタック NLH $2,500