2014年9月30日 14:19

ACOPプラチナシリーズ:準優勝!

先週木曜日から日曜日まで、PokerStars LIVE Macau at City of DreamsでACOPプラチナシリーズVIが行われました。

アジアプレイヤーオブザイヤー(APOY)対象4トーナメントに664人が参加して、総合賞金が約HK 1,700,000(約23,958,000円)になりました。

9月25日の$1000ディープスタックPLOからスタートし、チームポーカースターズCelina Linプロが準優勝でした!

次は人気のある$1500ディープスタックNLHでしたが、191人も参加し、ロシアのAleksei Khegaiが優勝しました。日本のYuri Ishida選手も18位で入賞しました!

最も人気な$5500エントリーメインイベントには270人が参加し、Ryuichi Ikeda選手とANZPTプレイヤーオブザイヤーIori Yogo選手が入賞しました★

しかし、Masashi Sato選手と先程入賞したばかりのYuri Ishida選手がファイナルテーブルまで残り、4人切っても2人ともまだ残っていました!

Final Table 1.JPG

結局、Ishida選手は4位で終了、Sato選手が準優勝できました!

最後の$2500バウンティーは中国のRong Xiaが優勝しました。Iori Yogo選手とKohei Nakai選手はそれぞれ12位と13位で入賞しました!

おめでとうございます!次のイベントはアジアチャンピオンシップオブポーカー(ACOP)です!

2014年9月26日 23:00

ACOPハイローラー開催決定! MBPとPokerStarsが協力して提供

あと約1ヵ月で、アジアチャンピオンシップオブポーカー(ACOP)が始まります。

10月24日~11月9日に行われるこのポーカー祭りで、また興奮させられる発表がありました。

先日、ポーカースターズがマカオ・ビリオン・ポーカー(MPB)と連携し、2014年にACOPで二つのハイローラーイベントを開催すると発表しました。

48 apan-generic-assets-fb-shared-03.jpg

MBPは昨年のPokerStarsとコラボした2013 GuangDong Ltd Asia Millions (GDAM)の主催者であります。HK $1,000,000エントリーのGDAMに125人が参加し、総合賞金はHKD $119,375,000(約1,681,271,000円)でした。

「またMBPと協力してイベントを開催できることを大変嬉しく思っています。ACOPでハイローラーイベントのスポンサーをして頂けることは感謝しています。この地域での達成力は強く、これでHK $250,000と$500,000エントリーのイベントへの参加者が2~3倍に増えることもありえます。」とAPPT社長Danny McDonaghが言いました。

多くのプレイヤーが参加できるように、本来2日間だったHK $500,000エントリーのスーパーハイローラーが3日間のイベントになり、11月1~3日に行われます。HK $250,000のハイローラーイベントが今回のACOPの最後のトーナメントとなり、11月8~9日に開催します。

2013年のGDAM優勝者がドイツのNiklas Heineckerで、HK $34,600,000(約487,304,000円)を獲得しました。

2014年のACOPハイローラートーナメントには、チームポーカースターズプロBertrand "ElkY" Grospellier、Jonathan DuhamelとAnthony Greggが参加すると予想されています。

スーパーハイローラー開催日の2週間まで事前エントリーの先着20名に無料宿泊を提供する予定です。

ACOPの詳細はAPPTの公式HPをご覧ください。

2014年9月25日 17:29

Naoya "nkeyno" Kiharaプロに聞いてみました!

本日もNaoya "nkeyno" Kiharaプロへの質問シリーズが続きます!
ちょうどWCOOPの時期でもうすぐメインイベントがありますので、オンラインポーカーをテーマにいろいろ聞いてみました!

PokerStarsブログ:オンラインプレイする時のコツ(現金に触れないで、テーブルセレクション、パソコン・机などの環境、時間帯等)
Kiharaプロ:プレーするときは、一つ一つのプレーを必要以上に後悔しないこと。
そして、どんどん数をこなすこと。
ある程度プレーしたら、プレーの見直しをすること。
三つ目はオンラインならではのことですから、是非やるべきだと思います。

PSB:オンラインの一番好きなルールは?(SNG、トーナメント、リングなど)
Kプロ:やはりMTTですね。
状況によってもスタックによっても、プレーは全く異なりますので、スキル差を生かすことができます。
ただ、分散がどうしても大きくなってしまうのが難点です。

naoya_kihara_2014_aussie_millions.jpg

PSB:HUDなどのソフトは使っていますか?使う場合のコツは?
Kプロ:良く誤解されるのですが、HUDはソフトではなく、HMやPTなどのソフトの機能です。
これらは相手がどういうプレーヤーかというのを見る上で必須です。
HUDの機能は、もし今まで対戦した相手を全て記憶していられるのであれば必要ないのですが、人間にはそういうことができません。それを、人間の代わりにやってくれるのです。

また、HM等のソフトで大切な機能として、自分の結果を見て、どのハンドで勝っていて負けているかとか、勝つべきハンドで勝っていなかったら、そのハンドだけを抽出して見直すとか、そういうことができます。

PSB:プロを目指している人はどんなスケジュールでオンラインをプレイした方がいいですか?(週何時間、時間帯など)
Kプロ:スケジュールは個人で好きにやればいいと思います。
そういうことまで含めて、自力で考えられない人は、プロを目指すべきではないと思います。

PSB:プロは自己管理が大事なんですね。他のチームオンラインプロと仲は良いですか?
Kプロ: 仲は良いです。チームオンラインだけのチャットがあったりして、そこでチャットしたことはあるけど、会ったことはないという人は何人もいます。
でも、WSOPなどで実際に会った時は、前から知っているかのような感覚で、話すことができます。

2014年9月24日 20:42

2014 ACOP: プラチナ・シリーズVI

2014年9月22日 by Fred Leung

PokerStars LIVE Macauポーカー ルームで、今年最後となる 2 つの特別イベントが開催されます。

1.) ACOP プラチナシリーズ VI (9/25 - 9/28)
2.) 2014 アジアチャンピオンシップオブポーカー(10/24 - 11/9)

なんだか紛らわしい名前ですが...

プラチナシリーズ は全4日の4イベント シリーズで、今週開幕します。HK $5,500 メインイベントは HK $500,000 保証です。

ACOP_Platinum_Series_22sept14-thumb-450x336-240328.jpg

2014 アジアチャンピオンシップオブポーカー (ACOP とよく省略されます) の開催日を間違って覚えていたと思った方はご安心を。開催は10月です。

同じようなイベント名ですが、それにはもちろん理由があります。

プラチナシリーズのメインイベントでトップ10入りしたプレイヤーは、賞金を手にするだけでなくオンライン ACOP プラチナシリーズ・プレイオフ (2014/10/5 開催) の出場権も獲得します。このプレイオフの賞品が2014ACOPのHK$100,000メインイベント出場権なのです。

ACOP プラチナシリーズ VI スケジュール
9/25 (木) 19:00: HK $1,000 ディープスタック PLO*
9/26 (木) 19:00: HK $1,500 ディープスタック NLH**
9/27 (土) 18:00: HK $5,500 メインイベント** (500k 保証)
9/28 (日) 15:00: HK $2,500 KO バウンティ

*再エントリ可能
**全 2 日

2014年9月22日 22:47

ジャパン・オープン東京ファイナル!

昨日、少しの時間だけでしたが、ジャパンオープンポーカーツアーの東京ファイナルを見に行くことができました。

このイベントまで2ヶ月弱をかけて、PokerStars.netと全国のポーカールームで予選を行い、その通過者が昨日と一昨日、そして今週末に行われる大阪ファイナルで集合することとなりました。

デー1は土曜日に行われ、デー2には58名が通過しました。

メインにエントリー権を獲得しなかった人と終了してしまった人のために、サイドイベントとシットアンドゴーも開催されていました!参加していなくても、アクションが多くいつもとても楽しいイベントです。

ニコニコでの生中継とライブレポートで、世界中どこにいてもフォローや応援ができるようになりました。

ファイナルテーブルが決まって2位だったbrian選手は、そのまま2位で準優勝でした!

jopt-tokyo6.JPG

(写真はジャパンオープンポーカーツアー提供)

そして優勝はshou選手でした!

ビデオインタビューも用意していますので、後ほどフェイスブックにアップします。

今回、東京ファイナルに参加できなかった人には、大阪ファイナルが9月27~28日にあります。オンライン予選は終わりましたが、ライブ予選はまだ開催されています。目指せ!日本代表選手!
詳細はジャパンオープンのHPをご覧ください。

2014年9月20日 13:35

2014 ACOP:2冠に向けた戦い

2014年9月12日by Fred Leung

過去2回開催されたアジアチャンピオンシップオブポーカー(ACOP)では、23個のスペーディー(スペード柄)のトロフィーを23人のプレーヤーに渡してきました。

明日から語り続けられる伝説は、今しか作ることができません。ACOPの歴史上、誰も達成したことがない2個目のACOPタイトルを勝ち取るプレーヤーは現れるかどうか期待に胸が膨らみます。

おしい結果はいくつかもありました。

2012年、チームポーカースターズプロのRaymond Wuが一番最初のスペーディーをディープスタックチャンピオンシップを勝ち抜くことで獲得し、その後に開催されたメインイベントでもディープランを続け最後の方まで残っていました。しかし結果的に13位で終了してしまいゴールドトロフィーを獲得することは出来ませんでした。

同じ年にJonathan 'Monster Dong' Karamilikisが、250Kのハイローラーイベントに勝利し、次の年の同じイベントでもう少しで優勝と言う所まで奮闘しましたが、残念ながら5位で終了してしまいました。彼は過去の2回のACOPで通算HK $4,600,000(USD $590,000)の賞金を獲得しています。

私たちが知っている中で2個目のトロフィーに一番近づいたのは、Jeff Rossiterです。彼はもう少しの運があれば3個のACOPタイトルを獲得できたかも知れないプレーヤーです。

Jeff_Rossiter_ACOP_12sept14.jpg

Jeff Rossiter

Rossiterは1個目のタイトルを2012年のACOPウォームアップトーナメントを優勝する事で獲得しました。そしてこのオーストラリア人のポーカープロは過去2回のハイローラーイベントで信じられない事に2位と5位の結果を出したのです。彼がACOPで得た賞金の総額はHK $5,227,000 (USD $674,000).でトップの位置にいます。

しかし惜しかっただけでは栄光を勝ち取れません。23人のタイトルホルダー達には2個目のトロフィーを獲得するチャンスがあります。2冠に向けた戦いは10月24日からシティーオブドリーム内のポーカースターズLIVEマカオで開催されます。

ACOPスペーディー(タイトル)イベントのチャンピオン達は以下の通りです
Raymond Wu (台北) -- ディープスタック・チャンピオンシップ(2012)
Hirotoshi Nakabo (日本) -6-Max・チャンピオンシップ (2012)
Yoichi Fujiya (日本) -リバイ・チャンピオンシップ(2012)
Jeffrey Rossiter (オーストラリア) -- ACOP ウォームアップ(2012)
Anton Astapau (ベラルーシ) -- ターボ・チャンピオンシップ(2012)
Xing Zhou (中国) - メインイベント(2012)
Sam Razavi (イギリス) -- KO ビッグバウンティ (2012)
Bo Wu (中国) -- $15,000ノーリミットホールデム(NLH)(2012)
Chuanbin Yao (中国) -- $8,000 NLH (2012)
Jonathan Karamalikis (オーストラリア) -- 250k ハイローラーイベント (2012)
Emi Hibuse (日本) - レディース・アジア・チャンピオンシップ (2012)
Ioan Taizs (ルーマニア) -- リバイ・チャンピオンシップ(2013)
Thomas Zhang (イギリス) -- ディープスタック・チャンピオンシップ (2013)
Apoorva Goel (インド) -- 6-Max・チャンピオンシップ (2013)
Jian Yang (中国) -- ACOP ウォームアップ (2013)
Jay Tan (香港) -- レディース・アジア・チャンピオンシップ (2013)
Edison Nguyen (オーストラリア) -- PLO・チャンピオンシップ (2013)
Ken Demlakian (オーストラリア) -- KO ビッグバウンティ(2013)
Sunny Jung (韓国) -- メインイベント (2013)
Michael Mariakis (オーストラリア) -- ターボ・チャンピオンシップ (2013)
Jan Schwippert (イギリス) -- $15,000 NLH (2013)
Senh Man Ung (イギリス) -- 250k ハイローラーイベント (1 リバイ) (2013)
Celina Lin (中国) -- $8,800 NLH (2013)

2014年9月19日 17:00

プロブログ:マネープレッシャーを感じる者と感じない者の戦い

2014年8月19日by Celina Lin

私は最近よく考えている事があります、それはスタンダード(低額)なイベントとハイローラー(高額)イベントの違いについてです。特にプレーヤーが異なるイベントに移行する際に苦労している事。困難になっている理由の一つとして、多くのプレーヤー達がポーカーをプレイする際、どのようにお金がプレイに影響を及ぼしているかどうかは非常に興味深いです。

私は決して低額のイベントからハイローラーイベントに移行する事だけを話しているわけではありません、ハイローラーイベントから低額のイベントに移行するのも同様です。多くのプレーヤーは低額のイベントよりもハイローラーイベントで良い結果を上げています、すなわち金額が高い方から低い方に移行するのも低い方から高い方に移行するのも同じ問題があると考えられます。

アジアのポーカーサーキットとその他の地域でも多くの富裕層のビジネスマンがハイローラーイベントに参加しています、彼らはプロでもなく、単純に自身が楽しむ為に参加しています。バイインの金額が高額でも彼らのプレイには影響しませんし、バンクロールマネージメントをする必要もありません。そして彼からはバイインの一部をスポンサードしてもらう必要も全く無いのです。もしスポンサードを受けていれば出資者にどのようにプレイしたか、結果はどうだったかを逐一報告する必要がありますが、そのようなストレスとも無縁です。

多くの場合、彼らのプレイスタイルはプロ達やその他多くのポーカーの研究に熱心なプレーヤー達が"スタンダード"と呼んでいるプレイとは異なっています。彼らのプレイは予測できない事が多く、ハンドレンジも常に変化するので結果として対戦相手にとっては非常にタフな展開になる場面が多くなります。

すでに言いましたが、高額なバイインのトーナメントに慣れているプレーヤーは低額なイベントに移行出来ないていない場合があります。私の友人の一人も、普段はハイローラーイベントでプレイしていますが、この前行なわれた北京ミリオンでは全く上手くプレーできず、Day1を3回も敗退してしまいました。その一方で、私は同じイベントでDay1を2回通過し、チップ量も平均値を超えていました。

私達がプレイし終わった後に、私の友人は異なる金額のイベントの違いについて話してくれました。

彼はハイローラーイベントで有効な戦術を私に説明しました。例えば、ハイローラーイベントでは全てのチップを賭けたコインフリップ勝負になりそうな状況では(仮に彼がJJを持っていて相手がAKを持っている場合など)勝負を避けると言いました。もし彼がオリジナルレイザーで相手が3BETオールインしてきても彼はフォールドして、もっと確率的に良い状況でチップを稼げる場面を待つそうです。

彼の戦術は明確な選択肢を持つ事です、しかし、ビックスタックを利用してアグレッシブに攻撃するプロもいます。しかし彼は我慢強く辛抱して、リスクの高い勝負を避け、的確にチップを奪うようにしています。彼のような保守的なプレイスタイルは多くのプロがハイローラーイベントで戦う際に使うスタイルに似ています、特にお金の価値を分かっているプレーヤー達にとっては重要な戦略です。彼は自分がタイトにプレイしている事を利用してベットすれば降りる相手にはブラフを織り交ぜ、逆にタイトなプレーヤーのベットに対して更にアグレッシブに攻めてくる相手との戦いを避ける事も可能になります。


その反面、マネープレッシャーが少ない低額なイベントではルーズにプレイするプレーヤーが多く存在します。彼らの多くはバブルタイムでもあまりプレッシャーを感じないし、順位が少し上がっても金額的に違いがあまりないのでそこまで執着しません。メンタル的にはハイローラーイベントとは大差があるのです。彼は北京ミリオンでプレイした際、アグレッシブな対戦相手のスタイルにアジャストする事が上手く出来ず、良い成績をあげる事ができませんでした。

彼の分析は私のように多くのサイドイベントに参加し、たまにハイローラーイベントに挑戦するプレーヤーについても考えさせられました。私は彼が言うバイインの金額とプレーヤーのスタイルが相互関係にある事は完全に理解しています。それに加え、金額にプレッシャーを感じるプレーヤー達と感じないビジネスマンの戦いについても考える必要があります。

多くのビジネスマン達はテルを読むのが上手く、人を読むのを得意としています。特に対戦相手がマネープレッシャーを感じているかいないかを上手く見つけ出します。彼らがビジネスで成功している理由の一つとしてはマンリーディング能力に長けているからです、つまり人を読む力があるからと考えられます。彼らはプロのプレーヤー達と対戦しても有利な立場にいる時があります、特にライブよりオンライン出身のプレーヤーに対してです。

celina_lin_tourney_buy-ins-thumb-450x286-236344.jpg

あなたはあまりハイローラーイベントでプレイしないプレーヤー達がハイローラーイベントでプレイする際には幾つかの壁を乗り越える必要があると思っていませんか?
その一つは、必要以上にマネープレッシャーを感じない事、そして対戦相手がプレッシャーを感じてるかどうか読み取る事です。プレッシャーを感じているかどうか見極めるのはハイローラーイベントは凄く重要になります、逆に低額なイベントでは誰もプレッシャーを感じていないので勝つために必要な要素ではなくなります。

重要なのはマネープレッシャーを感じるかどうかはポーカーの魅力の一部だと言うことです。誰にでもお金の重要性についてそれぞれの考えがあります。そしてその考え方やマネープレッシャーはプレーヤーのプレイスタイルに影響を及ぼすのです。

Celina Linはチームポーカースターズプロの一員です。

2014年9月18日 10:38

ACOPプラチナシリーズまで1週間!

いよいよ来週からアジアチャンピオンシップオブポーカー(ACOP)のプラチナシリーズが始まります!2014年9月25~28日にシリーズが行われ、HK $5,500のメインイベントはHK $500,000の保証賞金になります!

ACOPに向けて数か月に一回「プラチナシリーズ」が開催されますが、アジアプレイヤーオブザイヤー(APOY)対象4トーナメントの他にACOPサテライトも開催しています。
シリーズのメインイベントは2日間のみとなりますので、プチ旅行+ポーカートーナメントには最適なイベントです!

今回は第6回目のACOPプラチナシリーズになりますが、各シリーズのメインイベントの上位10名がACOPプラチナシリーズ・プレイオフにエントリーされます。プレイオフがPokerStarsのオンライントーナメントとなり、2014年10月5日に開催され、優勝はHK $100,000相当ACOPメインイベントのエントリー権となります!

ACOP Platinum Series 450 x 300.jpg

ACOPプラチナシリーズVI スケジュール
9月25日(木) 17:00  $1000ディープスタックPLO
9月26日(金) 19:00 $1500ディープスタックNLH(2日間)
9月27日(土) 18:00 $5500メインイベント(2日間)
9月28日(日) 15:00 $2500 KOバウンティー

2014年9月15日 16:01

ジャパンオープンの最後のチャンス

今週までジャパンオープンポーカートーナメントの最後のオンラインフリーロール、Stage 3を開催しています!

本日を含め、毎日ジャパンオープンのStage 1フリーロールが行われます。無料で参加し、勝ち上がった場合はStage 2、そしてStage 3に参加できます★(直接のエントリーも可能です)

まずはPokerStars.netの無料ダウンロードから参加する手順を進めてください。

Thumbnail image for jopt-online.jpgトーナメント→地域限定から参加してください。

最終Stage 3は9月19日に行われ、勝ち上がった方は9月20~21日の東京FINALまたは9月27~28日の大阪FINALに参加できます。

各ファイナルの上位の方は日本代表選手として海外のトーナメントに参加するチャンスがあります!

・優勝 2014/10/31 18:00 HK$8,800 HK$2m保証 Spadie - Day 1B
Hardrock Hotel宿泊、HK$4,500 AIR補助
・2位 2014/10/31 18:00 HK$8,800 HK$2m保証 Spadie - Day 1B
Hardrock Hotel宿泊、HK$2,200 AIR補助
・3位 2014/10/31 18:00 HK$8,800 HK$2m保証 Spadie - Day 1B、
HK$2,200 AIR補助
・4位 2014/10/31 18:00 HK$8,800 HK$2m保証 Spadie - Day 1B
・5位 [online] USD $700 ACOP Main Event Satellite
・6位 [online] USD $700 ACOP Main Event Satellite
・7位 [online] USD $700 ACOP Main Event Satellite
・8〜10位 [online] US $55 Qualifier to ACOP Main Event Satellite

2014年9月13日 21:38

2014 ACOP: カウントダウンが始まりました

2014年9月4日
by Fred Leung on September 4, 2014 2:07 AM

"7"
7という数字は特別な数字です。セブンイレブン、七人の小人、ラッキーセブン、そしてこのブログのテーマ・・・

7週間。

あと7週間で2014 アジアチャンピオンシップオブポーカー(ACOP)が始まります。今大会はシティーオブドリームス内のポーカールーム、ポーカースターズLIVEマカオで10月24日から11月9日の間で行なわれます
カウントダウンが始まりました。
もうすぐ大会が始まることをふまえて、7つの特別な情報をお伝えします。

1.過去7ヶ月
もう9月なので、過去8ヶ月と言うのが正しいのですが聞いてください。
ポーカースターズLIVEマカオはトーナメントを開催するポーカールームとしては疑うことなくアジアではナンバーワンです。特にマカオで2014年に行なわれた4つのメジャーなポーカートーナメント(マカオポーカーカップx2、APPTマカオ シーズン8、マカオミリオン)の結果は凄まじく、記録を更新し続けました。

Thumbnail image for acop_gold_and_silver_trophies.jpg

ACOP「スペーディー」トロフィー

その4つの大会期間中に11000人以上のポーカープレーヤーが参加し、賞金総額は約9.5億円を超えました。
そしてその賞金総額は今回のACOPの大会のみで更新される可能性を秘めています。もし、あなたが1年に1度しかマカオに来ないとしたら、ACOPの時期に来る事をお勧めします。

2.ACOPのタイトルイベント(別名:スペーディーズ(スペード達))
ACOPを知らない人の為に説明しますが、今回の大会では22個のトーナメントが17日間の中で行なわれます。その中の14個のトーナメントはACOPのタイトルがかかっており、最近ではポーカースターズのロゴを表したトロフィーにちなんでスペーディーズと言うニックネームが付いています。多くのイベントの参加費はUS1000ドル以上に設定されています。
スペーディーズはあなたがマカオに訪れるには十分な理由になります。多くの賞金を勝ち取りたい、自信をつけたい、認めてもらいたい、セクシーなトロフィーを獲得したい。その全ての欲望を叶えてくれるトーナメントスケジュールはこちらに載っています。http://psta.rs/2014ACOP-schedule

3. ACOPのメインイベント(別名:黄金のスペード)
2014年のACOPのメインイベントは参加費がHK$100,000 (USD $13,000)に設定されれており、賞金保障保証額はHK$17,000,000になります。メインイベントは各ラウンドが90分のゆったりとしたストラクチャーでスタートチップは3万点です。そして、5日間(11月4日~8日)の中で集中力を切らさず戦い、優勝者を決めます。
もし、あなたがこのチャレンジに参加し、DAY5のファイナルテーブルまで勝ち残ったとしたら高額賞金と黄金色に輝くチャンピオントロフィーを持って帰るチャンスがある事になります。

4. 200万スペーディー
新しく追加されたイベントは200万HKD保証スペーディーです。その名の通り、賞金保証額がHK$2,000,000になります。
参加費がHK$8,800の同イベントは10月30日にスタートする予定で、マカオにやってくる皆様が一番最初に参加するイベントに相応しいと思います。
あなたは参加費HK$25,000のACOPウォームアップイベントが本当のウォームアップだと考えているかもしれません。でもウォームアップイベントは200万保証スペードの数日後に行なわれますので安心してください。
このイベントはACOPのイベントとしては最大の参加者数になると予想しており、すでにDAY1を2回行なう予定にして、魅力的なイベントにする準備を整えています。

5. ハイローラーとスーパーハイローラー
参加費HK$250,000 (USD $32,000)のハイローラーイベントはフリーズアウト(リバイ、リエントリー無し)トーナメントとして帰ってきます。前回のハイローラーイベントはPhil Ivey、Jeff Rossiter,、Jonathan 'Monster Dong' Karamalikis、そしてチームポーカースターズプロのEugene Katchalov達等を魅了しました。
2014年のACOPには新たにスーパーハイローラーイベントが加わりました。同イベントの参加費はHK$500,000 (USD $65,000)で2回までのリバイが可能となります。既にチームポーカースターズプロのBertrand 'ElkY' Grospellierと2012年度のWSOPメインイベントチャンピオンのGreg Mersonが参加表明しており、イベントの開催日に近づくにつれ参加者は増える事となるでしょう。

6. サテライトの追加
10万円のトーナメントでも、100万円のトーナメントでも、今年はあなたが参加するチャンスを得るためのイベントを多く用意しています。
オンラインの場合:
ポーカースターズのソフトを起動すると200万HKD保証スペーディーをメインイベントのサテライト等が毎日開催されている事を確認できます。もし見つからない場合は"イベント"のタブを選択して"PSLIVE"、"マカオ"の順にクリックしてください。
ライブイベントの場合:
もしまだACOPのスケジュールを確認していない方はぜひチェックしてみてください。ポーカースターズLIVEマカオの会場ではサテライト、予選、メガサテライトをほぼ毎日開催する予定です。
メインイベントや200万HKD保証スペーディーのイベント以外にもHK$250,000ハイローラーイベントやHK$2,500のイベントを含んだ数多くののイベントのサテライトも行なわれます。

7. ビアポンチャンピオンシップ(卓球を使ってビールを飲むゲーム)
ポーカースターズのウェルカムパーティーに参加し、大音量の音楽や無料のお酒、ダンスしている女性達、そしてバカ騒ぎしてる友人達をを見るのにうんざりしていませんか?

2013ACOP_BeerPong_sept14_2.jpg

ビアをやりたい方?

いいえ、私はうんざりしていません。

大音量の音楽も無料のお酒も用意していますが、今回はさらにビアポンのトーナメントを復活させます。

昨年、世界各国から参加しているプレーヤーが交流できる場を作ろうというアイデアの下にスタートしたこのイベントは、パーティー終了後に「なぜもっと大規模でやらなかったのか?」という声が続出しました。

そして、ACOP公認のビアポンチャンピオンシップが開催される事になりました。卓球台と用具を用意してお酒を飲みながら投げる練習を始めてください。今回の大会はオフィシャルイベントです!

今回はこれで終わりです。2014年のACOPの開催が近付くにつれ、耳寄りな情報をお知らせしようと思っています。楽しみにしていてください。7日後くらいにお会いするかもしれませんね。

詳細はこちらwww.appt.com をご覧ください。